キャンピングカーの情報サイト


Home >コング フィールドライフ 

コング フィールドライフ




同社はバスコン「ルーツ」が有名で、大きなモーターホームが得意なビルダーのイメージがあるが、軽キャンパーのラインアップも充実している。
もっとも、ハイエースやカムロードベースのキャブコンやバンコンは無く、最も大きいカテゴリーと最も小さいカテゴリーを扱うという点では、ちょっと面白い。

しかし、だからこそ、ハイエンドモーターホームのノウハウやクオリティのDNAが軽キャンパーに受け継がれているともいえる。

同社の軽キャンパーには、バロッコ(軽8ナンバーキャブコン)、ココワゴン(軽5ナンバー)と今回取り上げるコング(軽8ナンバー)がラインアップされているが、いずれもバスコンモーターホームに通じるセンスを感じることができる。

さてコングだが、これはスズキエブリイをベースにしたバンコン。
ポップアップルーフかエレベーティングルーフ(選択可能)を標準装備し、ギャレーを持つことによって、軽8ナンバー登録としている。
軽8ナンバー登録のためには天井高を既定の高さ以上にしなければならないため、ポップアップルーフやエレベーティングルーフが標準装備となっているの。


ポップアップルーフとエレベーティングルーフの違いは、ポップアップルーフが片方だけ持ち上がるのに対し、エレベーティングルーフは全体が持ち上がること。
どちらも1830x1000mmのルーフベッドスペースがあり、大人2名が就寝できるスペースとされているが、就寝するならポップアップルーフの方がお勧めだ。
高く上がる方を頭側にして就寝すると、圧迫感が少ない。


ところで、ちょっと意外なのは、実はフロアベッド(1800x900mm)の方が、ルーフベッドよりも小さいということ。
8ナンバー取得のためのベッド幅は大人1名あたり500mmの幅を持つことが条件なので、大人2名+子供2名の就寝定員は、フロアベッドに子供2名+ルーフベッドに大人2名と言うことなのだ。


ギャレーがあるので仕方ないのだが、ベッドマットがあって寝心地に勝るフロアベッドの方が小さいというのは、ちょっともったいない気がする。
ただ、3Cm程度の差なので、あまり気になるほどではないだろう。

また、大人2名と子供2名なら、大人1名と子供1名づつ上下ベッドで就寝すれば、それぞれゆったり就寝できる。

大人2名だけで使うなら、上下に分かれて就寝すると、広々とベッドを使える。

レイアウトは、2列目シートにマルチモードシートを使用しており、前向きにすれば、2名が前向き着座してドライブできる。


またフラットにすると広いフロアができ、ちゃぶ台スタイルでテーブルを置くと、べた座りで寛げる空間になる。
二人で使う多くのユーザーは、恐らく、この形にしたまま、リビングとベッド兼用の空間として使うだろう。


ギャレーはシートの横に、最後部まで伸びた長いギャレーコンソールが設置されている。
各10リッターの給排水タンクとシャワーヘッドの蛇口、そして小ぶりながらシンクがビルトインされている。


また、軽8ナンバー取得には調理器具が必要なので、卓上型のカセットコンロも標準装備される。
さすがに本格的な調理は難しいが、湯を沸かしたり、カップを洗うには大変便利だ。
オプションで、引き出し式シャワーヘッドに変更できるので、車外に引き出してペットの足を洗うなどと言った使い方もできる。

収納は、フロアベッド下が収納スペースとして使えるほか、ギャレーコンソールに収納スペースが用意されている。(写真下)また、後部反対側には奥行きは小さいがキャビネットが用意され、マガジンラックとなっている。


電装系は、80Ahのサブバッテリーと走行充電が標準装備される。
外部100V入力/充電はオプション。
インバーターは350Wのものがオプション設定されている。

コングは軽8ナンバーの本格的軽バンコンキャンパーだが、ギャレーは不要で、広いベッドが欲しい、という場合には、ココワゴンがあるし、もっと充実した環境が欲しいという場合にはバロッコがある。
自分のキャンパースタイルをイメージして選ぶと良いだろう。













ビルダー フィールドライフ
車名 コング
ルーフ架装 ポップアップルーフ/
エレベーティングルーフ
ナンバー区分 軽8
乗車人数 4
就寝人数 2+2
ベース車 エブリイ
サブバッテリー ○(80Ah)
バッテリー増設
走行充電システム
外部100V入力/充電 OP
 インバーター OP(350W)
大容量インバーター
ルーフベンチレーター
サンルーフ
 コンロ ○(卓上カセット式)
シンク
給水タンク ○(10L)
排水タンク ○(10L)
冷蔵庫
電子レンジ
ユーティリティールーム
ポータブルトイレ
カセットトイレ
カーテン/ブラインド OP
FFヒーター OP
ルームエアコン
シャワー設備
温水装置
発電機
ウインドウ架装
アクリルウインドウ
サイドオーニング OP
 ソーラーシステム
全長(mm) 3395
全幅(mm) 1475
全高(mm) 1950
価格(万円) 224万円〜(5MT)

2016年5月現在 (○は標準装備/OPはオプション)
価格は千円台切り上げ(税別)



コングの動画はこちら



2016.5.25


ホームデータベース関連書籍キャンピングカー用品基礎知識
用語集ニューモデル記事シチュエーション別記事過去の展示会レポートお問い合わせ






Copy Right キャンピングカーファン Since 2009