キャンピングカーの情報サイト


Home > ハウベル ビークル

ビークル ハウベル 




カジュアルでおしゃれなのに、フォーマルにも着こなせるジャケットのような印象を持つ同社のキャンピングカーだが、このハウベルもそれを裏切らない。
ベース車はハイエース標準ボディハイルーフで、最近のトレンドである、気軽に乗れるキャンピングカーと言える。

同社には、クッチェッタ・ファミーユ、クッチェッタ・カナートという、ハイエース標準ボディハイルーフを使用した二つのモデルがあるが、これらは2列目シートが前向きにもセットできるREVOシートを採用している。
即ち、2名以上でも皆が前向き乗車してドライブできることを想定しており、どちらかと言うとファミリー向けのモデルと言える。

これに対し、今回取り上げたハウベルは、ふたり旅に割切ったレイアウトとしており、前部にギャレーを置き、後部は縦置きロングソファの対座ダイネットにしている。
ちょっとした調理ができ、後のスペースは広々としたダイネットに割り当てるというコンセプトである。


このレイアウトのメリットは二つある。
ひとつは、動線が確保できること。
ファミリー使用を意識すると、全員が前向き乗車できるように、2列目に自在シートを設置する場合が多いが、この場合、運転席、助手席から後部に行こうとすると、このシートが邪魔になってしまう。
二人使用に割切ると、2列目シートが不要で、動線が確保できるのである。

もう一つは、ベッドメーキングが簡単であること。
背もたれの二つのクッションで中央部分を埋めるだけで、簡単にベッドメーキングができる。
就寝前のひと仕事がかなり軽減されるのである。(写真下)


ハウベルの特徴は、引き出し式のギャレー。
前部にギャレーコンソールを置く場合、折角確保された動線を壊しかねない。
かと言って、ギャレーを小型化してしまっては、お飾りになってしまい、皿も洗えない。

そこで考えられたのが、使うときだけ引き出すシンク。
これなら、通常はコンパクトに収納されているので、動線は確保され、車内も広々感がある。(写真下)


この引き出し部分には折り畳み式の調理台もついているので、ちょっとした料理も可能。
シンクは丸型で、特別に大きいものではないが、普通の食器なら十分洗うことができる。
更に、シンクは収納されている場合でも上蓋を開けて使うことができるので、ちょっと手を洗いたい、と言った場合でも、いちいち引き出してセットする必要がない。(写真下)


収納は、シート下とオーバーヘッド収納、そして後部の収納スペースが用意されている。
シート下の収納は、シートがダンバーで軽く跳ね上げられるので、使い勝手が良い。(写真下左)
テーブルのポールなどもここにしまえる。
また、オーバーヘッド収納は両側についており、収納力も十分。(写真下右)


後部は、最後部のマットを外すことによって収納スペースとして使用でき、背の高い荷物も収納できる。(写真下左)
ただし、就寝する場合は、最後部のマットをセットすることになるので、背の高い荷物は置けない。
終始ベッド状態にしているなら、マット下全体が収納スペースとして使用できる。
この場合は、テーブルを残してベッド状態にすることもできる。(写真下右)


ハウベルは、”ちょうどいい大きさ”の運転し易いキャンピングカーで、ふたり旅に最適の一台と言える。

ビルダー ビークル
車名 ハウベル
 ナンバー区分  8
乗車人数 特設車5名 DX車6名
就寝人数 2
ベース車 ハイエースロングハイルーフ
サブバッテリー 1
バッテリー増設 OP
走行充電システム
外部100V入力
インバーター OP
高電力インバーター OP
ルーフベンチレーター
ソーラーシステム OP
ガスコンロ
シンク
給水タンク ○10L
排水タンク ○10L
冷蔵庫 ○40L
電子レンジ OP
多用途ルーム ×
ポータブルトイレ ×
カセットトイレ ×
カーテン
FFヒーター OP
ルームエアコン ×
シャワー設備 ×
温水装置 ×
発電機 ×
断熱加工
アクリル2重窓 ×
サイドオーニング OP
全長(mm) 4695
全幅(mm) 1695
全高(mm) 2240
価格 362万円(税別)
2015年6月現在



ハウベルの動画はこちら













2015.06.10




ホームデータベース関連書籍キャンピングカー用品基礎知識
用語集基礎知識解説ブログ新車情報アーカイブ過去の展示会レポートお問い合わせサイトマップ






Copy Right キャンピングカーファン Since 2009