キャンピングカーの情報サイト


Home > コンパスビッツ ホワイトハウス

ホワイトハウス コンパスビッツ 




コンパスは、ホワイトハウスのハイエースラインアップの中心的存在だが、そのラインアップに新たにコンパスビッツが追加された。
オリジナルのコンパスはハイエースロングワイドボディを使用したモデルだが、ビッツは、このコンセプトを受け継ぎながら、ハイエース標準ボディで製作されている。
コンパスのトレードマークともいえる、ポップアップルーフと右側に架装されたエクステンションウインドウは、そのまま継承されている。


コンパス、コンパスビッツは、ファミリーカーとしてのミニバンの延長線上にあるキャンピングカーと言ってよい。
即ち、日常用途では通勤や買い物の足として、休日にはオーバーナイトのレジャーの足として最適なキャンピングカーなのだ。
ただ、コンパスはワイドボディなので、運転に不安を覚えたり、狭いスーパーの駐車場などでの取り回しが億劫だったりするユーザーには、こちらのビッツの方がお勧めだろう。
車体の大きさは、トヨタ ノアとほとんど変わらない。
もちろん、ポップアップルーフを閉じた状態では、ノーマルルーフのハイエースと変わりなく、地下駐車場など高さ制限のある駐車場でも入ることができる。

更に、コンパスビッツは、ファミリーカーとしての要素も併せ持つ。
ドライブ時は、2列目のシートを前向きにすると、家族全員が前向きに乗車できる。
この使い勝手は、ミニバンと何ら変わりがない。


キャンピングカーとしての要素は、ここからである。
目的地に着いたら、2列目シートを後ろ向きにすると、3列目シートと向かい合って、ダイネットを形成する。
テーブルも広く、4名分の食器が十分乗る。
ギャレーがすぐ横にあるので、ちょっとした調理も便利だ。
エクステンションウインドウのおかげで、ギャレーは必要十分な広さを確保できている。
冷蔵庫もすぐ手の届くところにあり、座ったままで冷たい飲み物を取り出すことができる。
冷蔵庫の上蓋は、占めると調理台として使えるようになっている。


ポップアップルーフを上げると、頭上が広々と開け、立ったまま着替えをすることもできる。
この解放感は、車内で過ごす窮屈感を払拭する。



そして就寝時は、フロアベッドとルーフベッドで計4名が就寝できる他、後部にベッドボードを渡すと子供用上段ベッドが設定できる。
子供用と言っても、エクステンションウインドウの張り出しの分、広くなっており、1650×1210oの大きさがある。(写真下左)
大人はルーフベッドで就寝するなら、とりあえず、テーブルの上のものを片付けなくても就寝できる。(写真下右)


さて、ファミリーでオーバーナイトのくるま旅をするとなると、人数分の荷物を積み込まなくてはならない。
また、キャンプをするなら、用具を積み込まなければならない。
更に、お土産などで荷物が増える可能性もある。
そのため、コンパスビッツの後部には広い収納スペースが用意されている。
両側に収納ラックがあるので、小さなものは収納ラックに分類して収納すると、大きな荷物に埋もれてしまうこともない。
また、ベッドボードを外せば、背の高い荷物も積み込むことができる。


コンパスビッツは、日常の足として、そして休日のオーバーナイトレジャーの足として、最適なキャンピングカーの一台と言える。
ミニバンの代わりに、ファーストカーとしてキャンピングカーを考えているファミリーには、外せないセレクションである。


コンパスビッツの動画はこちら







2014.11.05




ホーム新着情報データベース関連書籍|基礎知識|用語集
 道の駅イベントスケジュールユーザーレポートお問い合わせサイトマップ







Copy Right キャンピングカーファン Since 2009