キャンピングカーの情報サイト


Home > 基礎知識>第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ>2-8. 暑くないの? 寒くないの?

第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ


2-8. 暑くないの? 寒くないの?

キャンピングカーと言ってもクルマですので、夏は暑いし、冬は寒いです。
バンコンスタイルのキャンピングカーは、全面鉄板で覆われたクルマですので、より外気温の影響を受けやすいと言えます。
キャブコンでは、多くの場合、ある程度断熱処理が施されたFRPやアルミ合板で作られていますので、バンコンほどではないにしても、エアコンの無い部屋にいるのと同じですので、やはり快適ではありません。
なお、バンコンでも、多くのビルダーでは、ボディの鉄板の隙間に断熱材を充填したり、あるいは窓ガラスの部分を加工したりして、できるだけ断熱性を高める努力はしていますので、通常のミニバンよりは改善されています。

そこで、クルマのエンジンを止めていても寒くないように、”FFヒーター”(写真下)というものがあります。
ビルダーやモデルによってはオプション設定されている場合がありますが、これは装備したほうが良いでしょう。
春先や秋口には、夜に気温が下がる場合も多く、また高地などでは夏でも寒い場合がありますので、出動できるシーズンがぐんと増えます。
FFヒーターは外気と内気は完全に隔離されていますので、不完全燃焼による一酸化炭素中毒にはなりません。
多くはガソリンタンクからガソリンを供給して燃焼させます。



一方、冷房に関しては、キャンピングカーの世界は遅れていると言わざるを得ません。
そもそもキャンプに行くクルマという位置付けだったため、涼しいところに行くのが前提ですから、冷房は不要なはずだったわけです。
アウトドアを満喫しようとしているのに、冷房なんて、という意識もあったかもしれません。
しかし、避暑地といっても、いつも涼しいわけではありませんし、目的地に行くまでは平地で就寝することもあります。
また、キャンピングカーの用途がキャンプ(=涼しい場所)だけではなく、釣りや写真、あるいは温泉巡りなどと多目的になってきたことからも、エアコンの搭載が求められるようになってきました。

もちろんエアコンの需要は以前からあったのですが、当初はルーフエアコンしかなく、これを搭載するためにはルーフを補強したり、重量物をルーフに搭載することによる重心のアップで操縦性が悪くなったりで、搭載されるクルマは限られていました。
更に大きな問題は電源で、外部電源が無いと動作できないため、結局使う頻度は多くなかったわけです。

一方家庭用エアコンは、小型化と省エネ化、そして低コスト化が進み、徐々にキャンピングカーに搭載されるケースが増えてきました。
家庭用エアコンの長所は、低価格、多機能であることと、低電力化により、サブバッテリーでも動作させることができる点です。
もちろん、無尽蔵に電気があるわけではないし、サブバッテリーで動かすといっても、エアコンは電力を食う機器ですので動作時間は限られていますが、それでもキャンピングカーにエアコンを搭載してサブバッテリーで動作させることが現実的になったわけです。


家庭用エアコンの難点は、室外機を収納するスペースが必要なことで、このため、ある程度大型のキャブコンを中心に搭載車が増えていきました。
現在では、カムロードクラスのスタンダードキャブコンには、ほとんど装備ができるようになっています。
ボンゴベースのライトキャブコンでも、搭載車が増えつつあります。(写真下:ボンゴベースのキャブコンに搭載された家庭用エアコン)


しかし、バンコンではまだまだ搭載できるモデルは少数にとどまっています。
どうしてもスペースの制限から搭載が難しいのですが、それでも、ハイエーススーパーロングレベルでしたら、搭載車が増えてきました。
また、ワイドロングや標準ボディでも搭載車が存在します。(写真下:ハイエーススーパーロングに搭載された家庭用エアコン)


さて、室外機の収納場所を確保できたとしても、残る問題はサブバッテリーです。
家庭用エアコンがサブバッテリーで何時間運転できるか、を考えてみましょう。
サブバッテリーはハイエースクラスなら通常105Ahのものが搭載されています。
エアコンの消費電力を平均して350Wとすると、105(Ah)x12(V)/350(W)=3.6(H)、即ち、3時間半くらい運転できるという計算になります。

しかし、実際はそうではありません。
ディープサイクルバッテリーには、放電電流が大きいほど容量が低下する”容量低減”という性質があり、大電流を放電すると実質的な容量が減るのです。
更に、バッテリーを過充電、過放電から保護するため、一般的には保護回路がついており、105Ahが全て使えるわけではありません。
これらのことを考慮すると、実際には105Ahの60%程度しか使えないということになります。

即ち、3.6(H)x0.6=2.1(H)、約2時間運転できるということです。
ただ、これはエアコンだけに電気を使う前提ですので、他の電気製品、例えば冷蔵庫や電子レンジを使うと、エアコンを運転できるのはごく短時間と言うことになります。
従って、実用的にエアコンを使うなら、サブバッテリーは2個以上搭載する必要があります。

また、最近ではリチウムバッテリーがキャンピングカーにも使われ始めました。
リチウムバッテリーは鉛バッテリーのように容量低減がありませんので蓄電効率が良く、同じ容積だと2倍近い電気が蓄電できます。
このように、キャンピングカーにもエアコンが搭載できる環境が整いつつありますので、今後はますますエアコン搭載車が増えていくと思われます。














Copy Right キャンピングカーファン Since 2009