キャンピングカーの情報サイト


Home > 基礎知識>第2章キャンピングカーについての素朴なFAQ>2-18.観光地の駐車場に停められる?

第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ


2-18.観光地の駐車場には停められる?

大きなキャンピングカーでは、観光地などの駐車場に停められるのだろうか、と不安に思っておられる読者の方もおられると思います。
まず、全長5m以下、車幅2m以下であれば、高さの問題(後述します)が無ければ、問題なく駐車することができます。

ハイエーススーパーロングのように、全長が5mを少し超える車種でも、よほど狭い駐車場でない限り、駐車できる場合が多いようです。
ただし、狭い駐車場では、何度も切り返しが必要になる場合がありますので、出る場合のことも考え、場所を選ぶと良いでしょう。

高さに関して、高さ制限のある駐車場の場合は、もちろん物理的に停められません。
これは、例えば、発券機やゲートのところに、雨除けの屋根がある場合です。


ただ、よく見ると、発券機から少し離れて通過すると、干渉しないで通れる場合もあります。
このような場合でも、出口の方も見ておかないと、入ったはいいが出られない、と言うことになります。
このような駐車場に係員がいる場合は、ほとんど制止されますが、屋根をよけて通れる場合は、お願いすれば入れてくれる場合もあります。

高さに関しては、もう一つ、料金で注意しておく必要があります。
それは、全長が乗用車と同じでも、車高で大型車と判断される場合があることです。
無人の有料駐車場で、出庫時、精算しようとすると、大型車料金が表示される場合があります。
これは、センサーで全長や車高を計測して、料金を表示しているのですが、高さのセンサーしか備えていない場合、全長がたとえ5m以下でも大型車の料金が表示されてしまいます。

計測基準などは統一されているわけではなく、各事業者に任されていますので、大型車と言われれば大型車の料金になってしまいます。
心配な場合は、あらかじめ問い合わせるなどして、確認しておくと良いでしょう。

理不尽にも8ナンバーだから、あるいは(見た目が)キャンピングカーだからと言う理由で、一般車よりも高価な駐車料金を請求される場合もあります。
専有面積は変わらないので、なぜ?と思いますが、これも「キャンピングカーは大きい」という先入観から設定されている場合が多いようです。
キャンピングカー料金が設定されていても、見た目がノーマルの8ナンバーハイエースは普通車料金という場合もあります。
この国では、まだまだキャンピングカーが認知されていない実感を味わうことができます。

2mx5mを大幅に超えるキャンピングカーの場合は、普通車枠しかない駐車場には入れませんが、係員がいれば、端の方などに誘導してくれる場合があります。
また、観光地には大型用の駐車場がある場合が多く、駐車料金は高くなりますが、こちらに停めることもできます。
大型用駐車場は予約制になっている場合もありますので、これも調べておくとよいでしょう。














Copy Right キャンピングカーファン Since 2009