キャンピングカーの情報サイト


Home > 基礎知識>第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ>2-14.湯はどうやって沸かすの?

第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ


2-14.湯はどうやって沸かすの?

キャンピングカーで温水シャワーを使う場合、湯はどうやって沸かすのでしょうか?
これにはいくつか方法があり、

1.10リッターくらいのボイラーで湯を沸かし、水と混ぜて適温の湯にして使う
2.やはりボイラーですが、電気で沸かす
3.エンジンの熱交換で、60リッターや100リッターの湯を適温まで沸かす
4.水をエンジン熱交換器の中を通し、瞬時に適温の湯にして使う

の4種類ほどあります。

輸入キャンピングカーや国産の高級車で使われている一般的な方法は、1や2ののボイラーで沸かす方法で、輸入車にはよくトルマ社のボイラーが使われています。(写真下)


これはガスで加熱するのですが、20分〜30分で、約60℃の湯が沸きあがります。
混ぜる水の温度にもよりますが、使える湯の量は20〜30リッターですので、シャワーなら2人分程度ということになります。
電気で沸かす場合は、かなりの電気量が必要ですので、バッテリーでは無理です。
この場合は、外部電源を使うことになります。

3.の方法は、エンジンの熱で湯を沸かすので、ガスや電気を消費しないのがメリットです。
何より、捨てる熱で湯を沸かすので、コスト的にも環境的にも良く、走行するなら、常に湯を沸かしておく、という使い方ができます。
筆者のクルマは、この方法を使っており、60リッターの清水タンクを積んでいます。
60リッター満タンの場合、冬でも100Km程度走行すると、40℃の湯が沸きます。
その日の走行距離と、使う人数を考えて給水量をコントロールすれば、少ない走行距離でも湯が沸いています。
デメリットは、走行しないとお湯が沸かないことです。
この場合は、外部電源を使い、水タンクに入れた電気ヒーターで加熱します。

4.の方法は、もちろんクルマのエンジンを動かしておく必要がありますが、瞬時にお湯が沸くのがメリットです。
この方法も、水と混合して適温にしますが、元の水温によりお湯の温度が異なりますので、季節や場所によって、その都度適温に調整する必要があります。
また、お湯を出したり止めたりすると、湯温が変化するので、扱いにくい問題もあるようです。












Copy Right キャンピングカーファン Since 2009