キャンピングカーの情報サイト


Home > 基礎知識>第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ>2-10.バッテリー上がりにならないの?

第2章 キャンピングカーについての素朴なFAQ


2-10.バッテリー上がりにならないの?

キャンピングカーでは、ほとんどの場合サブバッテリーを積んでいます。
サブバッテリーとは、クルマを始動させるバッテリー(メインバッテリー)とは別の、車中で過ごすために必要な電気製品を動かすためのバッテリーです。


サブバッテリーは、メインバッテリーとは切り離されていますので、サブバッテリーの電気を使い切ってしまっても、クルマのエンジンがかからなくなるということはありません。
また逆に、メインバッテリーを上げてしまった場合でも、サブバッテリーでエンジン始動はできません。(一部始動できる構造をもつモデルもあります)

実は、サブバッテリーとメインバッテリーは違った性質のバッテリーです。
即ち、メインバッテリーはエンジンを始動するために、一度に大きな電力を供給することができるのに対し、サブバッテリーは小さな電力を長く供給するのに適したバッテリーが使われています。

サブバッテリーによく使われているのが、ディープサイクルバッテリー(写真下:右は2個搭載した例)というもので、繰り返しの充放電に強く、空近くまで使うことを前提に設計されています。
ディープサイクルバッテリーは、もう一つ、充電時に有毒ガスが発生しないという、大変重要な特徴を持っています。
この特徴のおかげで、キャンピングカーでは、サブバッテリーを室内に搭載することができるのです。


しかし、サブバッテリーと言えども、蓄えられる電気量には限りがあります。
ハイエースクラスに積載されるのは、100Ah(アンペアアワー)クラスのものが一般的です。
これで車内照明や冷蔵庫やFFヒーターなどを動作させることができます。
しかし、最近ではテレビや電子レンジ、エアコンのような快適装備も積載できるキャンピングカーが増えてきました。
これらは比較的大電力を消費する機器で、これらの電化製品を搭載する場合は、サブバッテリーを2個以上搭載することもあります。

また、サブバッテリーはDV12Vですので、AC100V用の機器を使うためには変換する必要があります。
この変換器のことをインバーター(写真下)といいます。
電子レンジやエアコンを使用する場合は、インバーターも大容量のものが必要で、1500W程度のインバーターが積載されます。
キャンピングカーのカタログを見ると、オプションに1500Wインバーターが設定されている場合があります。
電子レンジやエアコンを搭載したい場合は、このオプションを選択する必要があります。


サブバッテリーは基本的にメンテナンスフリーですので、一度搭載したらそのままで良いのですが、充放電を繰り返すことにより充電機能が低下していきます。
従って、年数が経つほど”持ちが悪い”状況になってきます。
一般的には2〜3年が寿命と言われており、交換が必要です。

近年では、リチウムイオンバッテリーが注目されています。
これは、今までの鉛バッテリーではなく、日産のリーフのようなEVに使われている、新しいバッテリーで、経年変化が少なく、鉛バッテリーよりも小型にすることができます。
一部のキャンピングカーには搭載するモデルも出始めましたが、リチウムイオンバッテリーは価格が高価なため、まだまだ鉛バッテリーが主流です。

最新蓄電池システム
















Copy Right キャンピングカーファン Since 2009