キャンピングカーの情報サイト


Home > 基礎知識>1.キャンピングカーの世界>1-4. 車中泊とキャンピングカーの違い

第1章 キャンピングカーの世界


1-4. 乗用車とキャンピングカー、車中泊の違い
それでは、乗用車や一般のミニバンとキャンピングカーとで、車中泊をする場合、どのように違うのか考えてみましょう。
ミニバンといっても、しっかりベッドやキッチンが付いている場合もありますので、ここでは、具体的にノーマルの状態のワンボックス車、例えばトヨタのノアで車中泊する場合と、ハイエースの8ナンバーキャンピング車で 比較してみましょう。

まず、一番大きくて重要な違いは、寝心地です。
乗用車の場合、シートがフルフラットになるといっても、 やはり凸凹が残ります。
ドライブ中、体を固定するのが一番の役割ですので、仕方ありません。
下の写真は、ノアでシートをフラットにした状態です。

noah01

その点、キャンピングカーは決められた大きさのフラットなベッドが義務付けられていますので、 これは保証されています。
下の写真はハイエースのキャンピングカーで、シートを展開してベッドにした状態です。
上段にベッドボードを渡して、就寝人数を確保しています。
キャンピングカーのシートは、展開してベッドになるように作られていますが、表と裏の凸凹が異なり、着座している場合は体をフィットさせるような凸凹がありますが、ベッド時はフラットな裏側を使うようになっています。



乗用車のフルフラットシート時、凸凹を埋めるクッションなどが販売されていますので、これを使うという手はあります。
各社からいろいろなタイプが発売されていますので、自分の車種に合ったものを探してください。



しかし、やはり、もともとフルフラットなベッドのほうがアドバンテージがあります。
睡眠不足は運転に支障が出ますので、十分な睡眠は大変重要です。

次に就寝人数です。
乗用車の場合は、フルフラットにして就寝できるのは2名までです。
凸凹を埋めるクッションを敷いても、大人2名と子供1名が限界でしょう。
キャンピングカーの場合は、フロアベッドで大人2名、ベッドボードを上段に付けたり、ポップアップルーフがある場合は更に2名程度がゆったり就寝できます。

また、キャンピングカーの場合は、キッチンや電子レンジで簡単な調理をして食事することができたり、冷蔵庫で食材を保存することもできます。
数日にわたるくるま旅では、毎回外食では飽きるし、また出費も考えなくてはなりません。

一方、乗用車で車中泊する場合のメリットは、なんといっても、今乗っているクルマですぐに始められることです。
キャンピングカーを購入する必要はありませんし、大きな出費も不要です。

次に、車両が比較的小さいので、スーパーやコンビニでの取り回しも楽で、日常の足として使えます。
車中泊するときだけ、必要最小限の荷物を積んで出かければよいのです。
キャンピングカーを購入する場合、”キャンピングカーらしく見えない”ことが購入条件というユーザーも少なくないそうです。
ハイエースでも、ちょっと・・、という場合、やはり普通のミニバンということになります。

食事は外食と決めれば、車内で食べる設備は不要です。
ゴミも出ません。
実際、キャンピングカーユーザーでも、車内で調理しないというユーザーは多くいます。

もう一つ、あまり目立たない点ですが、車内環境の違いがあります。
これは主に室温のコントロールのことですが、キャンピングカーにはエンジンを止めていても暖房できるFFヒーターというものが装備されている場合が多くあります。
また、キャンピングカーでは、断熱処理されているモデルも多くあり、ビルダーによっては、これをウリにしているところもあります。
断熱処理によって、外の環境変化をできるだけ車内に影響しないようにすることができます。
キャンピングカーでも、バンコンと言われる、クルマのボディをそのまま利用するタイプより、キャブコンと呼ばれる居住部を乗せたものや、バンコンでもルーフを架装したものの方が、断熱効果は期待できます。

一方、一般のミニバンやワゴンは、走行時の快適性は考慮されていますが、停車時の車内環境には重きを置かれていません。
停車している車内で長時間過ごす目的ではないからです。
従って、エンジンを切った車内は、夏はサウナ、冬は冷蔵庫の状態になります。
アイドリングすれば解決しますが、お勧めできるものではありません。
環境にもよくありませんし、特に冬場は積もった雪で排気ガスの逆流の問題もあり、やはりエンジンをかけたまま寝てしまうのは危険ですし迷惑です。

このように、キャンピングカーと乗用車の車中泊では、いろいろな違いがあり、一長一短あります。
よって、キャンピングカーを購入前に、車中泊をしてみると、本当にキャンピングカーが必要なのか、必要ならどのような大きさで、どのような設備が必要なのかが分かってくるのです。

ただ、車中泊でこだわっていただきたいのはベッドです。
乗用車で車中泊をしている場合、シートをフラットにしただけで寝ているケースを良く見かけます。
やはり、これでは十分な睡眠をとれないし、疲れが残ります。
このような場合でも、凸凹を埋めるクッションを使うなどの工夫を是非していただきたいと思います。
寝不足や疲れをためて、その結果居眠り運転で事故を起こしたら、取り返しがつきません。












Copy Right キャンピングカーファン Since 2009